読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uedai blog

日々のこと、読書日記、徒然なるままに思うところ

大人になるということ

4月1日、明日から社会人になります。要するに就職することになります。
社会人という言葉は好きではないのですが、ここ日本で学生を終えて就職するということを端的に表す上で、非常に使い易い言葉である「社会人」を使わざるを得ないのです。
得てして、今までが社会人ではなかったかというとそういうわけではないですが。バイトもしたし、地域ボランティアライクなこともしました。
でもやはり働くことで社会に還元することが日本人の共通概念における社会人なのでしょう。


そんなわけで人より1年長く大学生をやってきておりました。それももう終わります。
まったく実感がありませんでした。
卒業旅行に1ヶ月南米に行ったり(この話は後日)、ゼミの追いコンやついに社畜になる会を高校の同級生にやってもらったり(今思えば学生を終えることを他者から教えてもらい自覚したかったのかもしれない)、卒業式もありました。
でもどれも実感が持てなかったんですね。なんというか、変化がないというか。
でも今日テレビを見ていて、損保の何気ないCMを見て、ああなんか大人になるんだなって、唐突に思ったんです。なにか胸からぐわっと熱いものがこみ上げてきました。心身を震わす何かが。


大人になるということがどういうことなのかわかりません。
得てして、今までが大人ではなかったかというとそういうわけではないですが。お酒も飲んだし、タバコも吸いました。
でもやはり働くことで社会の大人の世界に入ることが日本人の共通概念における大人なのでしょうと思うわけです。


久々にブログを書いたんですが、書きたいネタも結構あるわけですよね。
今後は規則正しい生活が待っているわけで(それがひとつのうれしい点なのです)、その合間合間に書いていきたいと思います。
もう少し、盛り上げたいですね笑


それでは、バイバイ学生。いつかまた会う日まで。